【NEW】 大量受注承ります!
ELLE cafe

【連載】小麦粉をやめたらなぜ体調がよくなるのか。

2021.02.22

SNSでこの記事をシェア!

大柳珠美先生の連載記事、第3弾です!

今回は「グルテンフリー」について、大柳先生にまとめていただきました!

 

 

グルテンフリーがもたらす健康効果とは。


テニスプレイヤーのジョコビッチ選手や

ハリウッドセレブも実践していると話題の「グルテンフリー」。

グルテンフリーとは、その名の通り、

グルテンを含む食品を摂取しない食事のことを言います。

 

グルテンとは、小麦に含まれるタンパク質です。

小麦に含まれるグリアジンというタンパク質と

グルテニンというタンパク質が

水と一緒になって捏ねられることで生成される粘りのあるタンパク質です。

 

小麦粉に水を加えて捏ねた食品というと、パン、うどん、パスタなど。

あの、独特の、もっちりとした食感、美味しいですよね。

これこそが、グルテンの正体です。

 

古代から自生していた小麦に比べ、

現代の小麦は、より楽に生産が行えるよう、より多く収穫できるようにと、

人間の手で品種改良が繰り返され、

グリアジンとグルテニンの含有量=グルテンが増えているとも言われています。

 

 

グルテンの何が問題なのか。


◎腸の炎症を起こす

タンパク質は、体内に入ると、

ペプチドという鎖のようにつながった分子に分解され、

消化酵素によって消化され、

アミノ酸という、もうこれ以上、分解できない最終分子に分解され、

小腸で吸収されます。

 

ところが、グルテンの特徴は、

ペプチドという分子に分解されにくい構造をしていること。

つまり、消化されないまま小腸に到達し、腸壁に炎症を起こし、

本来、分厚い丈夫な腸壁を、薄くざるの目のように荒らしてしまうのです。

このような腸の状態になった病気が「リーキーガッド症候群」です。

日本語では「腸漏れ症候群」とも言われます。

グルテンがきっかけになり、薄くなった腸壁からは、

摂取したタンパク質が、アミノ酸に分解されない状態のまま

体内にやすやすと入ることになり、食物アレルギーを引き起こします。

腸の炎症は、腸が担っている解毒作用にも弊害を起こします。

水道水、空気、食品添加物や農薬など、

私たちが生きている限り、否応なく飲み込んでしまう化学物質も、

本来は分厚い腸粘膜が、

やすやすと体内に入れないバリアの役割を果たしていますが、

ざるの目のような腸壁では、

それらの化学物質も体内に侵入しやすくなり、

有害物質の過敏症にもつながります。

 

◎脳内で麻薬様物質に変化し“ハマってしまう”

パンやラーメンって、つい、無性に食べたくなる!食べてしまう!!

という経験、ありませんか?

あ〜私ってなんて意志が弱いんだろう、、、と、

食べた後、自己嫌悪に陥る方もいるかもしれません。

しかし、それは、あなたの意志が弱いからではありません。

グルテンのアミノ酸配列がそうしているのです。

なんと、グルテン(と乳製品に含まれるカゼイン)のアミノ酸配列は、

モルヒネに似ているのです。

そのため、脳内では、小麦製品(と乳製品)を食べると、

モルヒネと同じものと認識し、

ハイになって、食べれば食べるほど、もっと食べたい!毎日食べたい!と

一種の中毒症状が出てしまうというわけです。

 

 

 

2週間のグルテンフリー「チャレンジテスト」のすすめ


グルテンによって引き起こされる症状は、

腹部の膨満感や下痢、便秘といった腸に不調からはじまり、

頭痛、倦怠感、関節や筋肉痛、皮膚症状(湿疹など)、抑うつ、注意力の低下など

全身に及びます。

 

もし、それらの不調があり、

毎朝、パンを食べている、毎日、クッキーが欠かせないなど、

小麦製品にハマってしまう傾向があるなら、

2週間、小麦製品を徹底して食卓から抜いてみる

チャレジンテストをおすすめします。

これによってもし、不調が良くなるとしたら、

グルテンのアレルギーの可能性が高く、

グルテンフリーで体や心の健康を取り戻せるとも言えます。

 

 

ガマンしないでグルテンフリーを楽しもう!


小麦を食べない生活なんて、、と悲観する必要はありません。

グルテンフリーの世界的な広がりとともに、

日本でも、グルテンフリーの代替食品を、スーパーでも多く目にする様になっています。

 

グルテンフリーのパスタやラーメン、うどんパン、クッキーなどは、

小麦粉の代わりに、米粉、大豆粉、アーモンドなど種実粉などを上手に使って

美味しい味わいが再現されています。

 

ただし、グルテンだけにとらわれず、

食品として購入する場合、気をつけておきたいのは添加物です。

 

特に、グルテンフリーのスイーツには、

油脂や甘味料が使われるので気をつけておきましょう。

 

油脂は、植物油やトランス脂肪酸などケミカルな精製油脂より、

バターやココナッツなど自然なものが安心です。

 

甘味料も、人工甘味料より、

発酵食品でもある甘酒や果物など天然の甘味が使われたものが安心です。

 

好きなものだから、これまで食べ続けてきて、

苦手なものだから、これまで食べてこなった。

そうして、今の、自分のからだとこころが、つくられています。

 

減らさないといけない味覚でも、それが好きな味覚なら、

ガマンしすぎるより、安心安全な代替食品を見方につけて、

無理なく、おいしく、楽しみながら

健康維持を叶えていけたらいいですね。

 

 

管理栄養士

大柳珠美

 

※参考図書

「2週間で体が変わるグルテンフリーの毎日ごはん」溝口徹、大柳珠美著(青春出版社)

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」ノバク・ジョコビッチ著(三五館)

 

大柳珠美先生

管理栄養士

2006年より、糖質制限、栄養療法など機能性栄養医学の理論をもとに、食と栄養で肥満や糖尿病など生活習慣病の根本解決を目指す。
都内のクリニック(心療内科、内科、肥満外来)で栄養指導を行い、薬に頼り過ぎない治療をサポート。ダイエットジム「ライザップ」食事ガイドブック監修。キャリカレッジ「糖質offアドバイザー資格取得講座」講師。日本肥満学会会員。国際オーソモレキュラー医学会会員。セミナー、書籍、ブログ「管理栄養士のローカーボ・キッチン」などで、栄養科学に基づいた食と栄養に関する情報を発信。『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春出版社)『2週間で体が変わるグルテンフリーの毎日ごはん』(青春出版社)など著書多数。

 ELLE café 糖質コントロール ドーナツ

ELLE cafe のドーナツは、グルテンフリーで白砂糖・米粉不使用。
原料もオーガニックにこだわり、カラダに必要な栄養素もふんだんに配合しています。

ご自身へのご褒美はもちろん、大切な方へのギフトに。

 【ホワイトデー数量限定】

4,200yen(+tax)

オーダーはこちら

 グルテンフリー カヌレ by Celine NY

ビーツや炭、甘酒など注目のヘルシー食材を使ったフレーバーなど、全9種がアソートされています。

外はカリッと香ばしく、中はもっちりとした食感が特徴的。
小ぶりで可愛らしいですが、米粉ならではのもちもち感があり食べ応えたっぷりのカヌレです。

 「CANELE by CELINE」がプロデュースしたグルテンフリーカヌレ。

3,900yen(+tax)

オーダーはこちら

SNSでこの記事をシェア!

最新記事