ELLE cafe

【連載2】美しく健康に生きるアーユルヴェーダ術

2019.01.29

SNSでこの記事をシェア!

5000年続くインド・スリランカの伝承医療「アーユルヴェーダ」では、人生が有意義で幸せなものになる為に「美しく健康に生きる事」を大切にしています。

 

そのために、まずは自分の体と心の特徴を理解し、自身の生命エネルギー(ドーシャ)のバランスを保つことを第一に考えました。

※≪連載コラム1 巷で話題のアーユルヴェーダとは≫健康のポイント①を参照

健康のポイント②未消化物を作らないこと

アーユルヴェーダでは、キラキラと輝き、艶があり、体にエネルギーや強さをもった、活き活きとした人は、オージャスという「活力」を持っていると考えるのですが、このオージャス(活力)は、食べた物から作られます。

 

また、オージャスをつくりだす消化の過程で、皮膚や、髪の毛、爪など人間の体を構成するものが作られると考えられているので、アーユルヴェーダでは、この消化に関係する「消化の火(アグニ)」をとても大事に考えます。

 

どんなにオージャス(活力)に富んだ、栄養のあるものを食べても、この消化の火が弱くては、美しい体を作り出す事はできません。

それどころか、消化力に見合わない食べ方や、質の悪い食べ物は、体の不調や病気の原因とされている未消化物(アーマ)を生成してしまいます。

そして、この未消化物が、体の不調や、病気の原因と考えられているのです。

春の花粉症対策は年明けから

アーユルヴェーダでは、冬は一年で最も消化力が上がる時期だと考えられています。冬になるとやたらとお腹が減るのは、消化の火(アグニ)が、冬の寒さに煽られ、燃えたぎっている証拠です。おもしろい事に、この消化の火に合わせて食べる事が大事だと考えるので、冬は滋養のあるものや、どっしりと重みのあるものを、満足のいくまで食べる事を勧めています。

 

これを聞くと、年末年始の不規則な食生活、暴飲暴食も許されたような気がして、安心しますね。

 

しかし、ここで気をつけたい事が。

 

実は、この消化力は、年明けあたりから徐々に落ちていくと考えられているのです。

それなのに、消化力が落ちていく事に気付かず、暴飲暴食が続いてしまうと、当然、未消化物(アーマ)が蓄積されてしまいます。

そして、春の花粉症やアレルギーは、この未消化物が原因と言われています。つまり、年明けあたりから未消化物を溜めない生活をすれば、春の重い季節が到来しても、花粉症やアレルギーの影響を受けにくいと言うことになります。

 

やはり、アーユルヴェーダで考える健康や美容は、自分の状態をしっかりと理解して、認めてあげるところから始まります。

自分の消化力が落ちていることを理解して、食べ物を軽くしたり、体を温め、消化力を保つ工夫をしてあげる事。そして、せわしい季節が続きますが、自分に優しくしてあげる時間と心の余裕をつくる事が、「美しく健康に生きる事」に繋がるようです。

体の中から、ぽっかぽか「ジンジャーレモンハニーティ」

[材料](一人前)

・ショウガ(スライス) 2-3切れ

・レモン(スライス) 2-3切れ

・水 200cc

・マヌカハニー お好みで(小さじ1程度)

 

[作り方]

1.鍋にお湯を沸かし、ショウガとレモンのスライスを入れ2-3分火にかける

2.お好みで、レモン汁や、すりおろしたショウガを入れても可

3.火からおろし、マヌカハニーをいれる

 

そんな消化力の落ちだす季節にお勧めの飲み物が、体を温め、消化力を上げる効果のある、ジンジャーとレモンを使ったお手軽なハーブティ。ELLE café 商品の中では、ハーブティ(ルーツ)も同様の効果が期待されます。また、消化力は落ちていく時期ですが、まだまだ冬の動き(Vata)の影響も大きいので、安定効果のある、甘味を適度に摂ることも勧められます。

ただし、甘味の取りすぎや、精製された砂糖の摂取は、更なる冷えと、未消化物の生成に繋がるので要注意です。

とは言え、完全に管理された、酵素がたっぷりと含んだ非加熱のハニーってなかなか売ってないものです。

その点、ELLE café セレクトのマヌカハニー(Rawハニー)は安心の一言。37℃以下の温度で国際輸送された、温度管理保障や、品質保証書が同梱されています。そして、マヌカハニーの濃厚で独特な甘味と風味は、心に安定と満足度を与えます。ハーブティに入れなくても、小さじ一杯のハニーに、挽いた黒胡椒を少々乗せて舐めると、消化力を上げ、鼻風邪やアレルギーにも絶大的な効果があると言われ、アーユルヴェーダでは何千年も前から使われてきました。

暴れ出す消化の火に、さらにもう一品「グルテンフリークッキー(パンプキン)」

 

ハニーの甘味でも、満足感がたりない方には、グルテンフリークッキー(パンプキン)もお勧め。アーユルヴェーダのマッサージオイルや調理で最も用いられる熱性効果のある「太白ごま油」、そして天然の甘味「有機メープルシロップ」「米粉」「パンプキン」、自律神経やホルモンバランスを整え安定感をあたえる「有機アーモンドプードル」、さらには消化力を上げつつ激性を乱さない「ヒマラヤピンク岩塩」と、アーユルヴェーダ的にも、素晴らしすぎる原材料。罪悪感無く、安心して食べれる美味しさがうれしい一品です。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事を読む

【連載1】巷で話題の『アーユルヴェーダ』とは?

【連載3】ギルトフリーな生き方

【連載4】誰でもできる毎日のアーユルヴェーダ

【連載5】アーユルヴェーダ医師に聞いてみた

About Kombucha.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

商品はこちら

INNER HERB [Roots]

手足の冷えを予防し体の芯から温めたい時におすすめです。ピリッとした風味のブラックペッパーがアクセント。

ELLE cafeのハーブティーは国内外の厳選した素材を目的別にブレンド。採れたてをそのままハーブティーにしたような、フレッシュな味わいと素材の美しさが特長です。ティーバッグタイプなので、手軽にお楽しみいただけます。
日々の健康と美容をサポートする「INNER HERB」は、大切な方への贈り物にもおすすめです。

INNER HERB [Roots]

2,800yen(+tax)

オーダーはこちら

グルテンフリ―クッキー パンプキン

かぼちゃの自然な甘みが特徴。
パンプキンシードが食感のアクセントに。

白砂糖不使用、動物性原料不使用、グルテンフリ―、ヴィーガン対応

グルテンフリ―クッキー パンプキン

926yen(+tax)

オーダーはこちら

SNSでこの記事をシェア!

最新記事